ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Tuesday, March 09 2021 @ 04:30 am JST

いつもの昼間の散歩風景

  • Thursday, February 11 2021 @ 03:21 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 30
散歩

 小生は昼間の休憩時間を使って散歩する事が大好きで、35年程続けていますが、今の散歩コースは非常にのどかな田園地帯を通っての散歩コースになっていて、毎日が楽しく気分転換をできる素敵な場所の一つです。職場のある環境がのどかな場所である事で、この散歩環境を得る事が出来る事に感謝しています。

お昼時間後の散歩はとても信じられないほど、長閑な田園風景の中をのんびりと3.5Km程、毎日歩いています。この季節柄、田園なので風を避けるものが無く、吹き曝し状態で頬に当たる風の冷たさが、半端なく身に染みる中をコツコツと日差しを浴びながら散歩しています。

 田んぼの中を歩く場所は平坦なのですが、そこを過ぎると20m程の丘陵地帯へ登り、吹き曝しから一時回避できます。その道を1.5Kmほど通っていきますが、この道には山菜が豊富に有り、近くの方が山菜とりに来られている風景を見る事が出来る場所になっています。カラスやトンビが多く生育していて、驚くことにトンビ家族らしき姿を3羽ほど見る事が出来ます。ここに来てこんなにも多くのトンビの姿を観たのは初めてでした。

いずにしても、昼間の日差し強い中をハットをかぶり白頭爺が散歩している姿をみてか?近くの人から良く声を掛けられます。