ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Monday, April 12 2021 @ 12:58 pm JST

3.5MHz Sloperアンテナに変更したが!!

  • Wednesday, February 24 2021 @ 10:25 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 40

 3.5MHzのDeltaループを上げていましたが、どうも近場の信号が悪くなってしまい、関西圏より東側エリアの距離だけが浮かび上がっている現状とノイズ・レベルが高い問題をクリアにするために、同特性に近く垂直成分の多いスローパー・アンテナに変更し、様子を見る事にした。

 

 2/21日に今まで使っていた3.5MHzの1λのデルタループ・アンテナから1/4λのスローパー・アンテナに変更しました。若干、ノイズが低くなった感はありますが、近場の信号はInverted-Vと比較し10dB~15dBの低くなる傾向があり、思惑より悪い結果となっています。DXに対してはデルタループが若干良かった感じがします。

今まで使ってデルタループ使用感はあまり無かったのですが、どうもノイズが多く、そして吸い込み(SWR=1.5)が予想より悪く、風に揺さぶられたりで、ストレスになっていました。受信した限り、スローパー・アンテナは打ち上げ角度がデルタループと大差なく同様な感じがしますが、受風面積が多く、強風対策の点からあまり気を付けなくて済むなどのメリットもあり、このまま状態を続けてみようかと思っています。

ローカル・エリアはやはり、ダイポール系のアンテナがいい感じがします。昨年上げていたInverted-V(25m)は高さがあるので近場である中国・四国地方の信号が15dB位は上がりますので、随分違う結果となっていました。3エリア以降の東側ではデルタループの方がいいのですが、ローカルを目的にした場合にはInverted-Vがベストのようです。

 一方、スローパー・アンテナは最近の強風環境下では高さが低いので、風に対してのリスクが低くなり、給電点の低いアンテナ選択がベストのような感じがします。Inverted-Vではマストに竹を継ぎ足し給電店が25mを超す構造だったためか?入感する信号が強くなっていたのでしょう!季節に合わせてアンテナ種類は変えるのがいいかもしれません。DXをターゲットにする場合は別ですが、国内向けは15m+Dipoleのシステムがベストかも?

上写真ではタワーと同軸グランド側に20mのラジアルを張ってInverted-V風にしたりしていますが、送受信号にはあまり関係は無くSWRに寄与している程度。