ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Tuesday, September 28 2021 @ 11:11 pm JST

古き時代のMy-Shack

  • Saturday, February 27 2021 @ 11:38 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 98

 NASデータの整理をしていたら、昔の無線機置き場の写真が出てきたが、Kenwoodの機械は真面に動作しなくなったものばかりで、まともに動いていたのが、ICOMのIC-740だけだった。コスパの高い機械で小生の様な者にはベストマッチしたトランシーバーでしたが、数年後にオークションに出してしまいました。

 

たぶん、西暦2000年頃のシャックの写真?が出てきましたが、TS950SDXとTS690+DSP100のKENNWOOD製品があるものの、基板割れ故障で動作しなくなっているものばかりで、修理しながら使ったいたが、信頼性が低下したので、さっさと手放しをしてしまいました。丁度その頃からメーカ製の機械に嫌気がさし始めた頃でした。

TS950SDXは表側の基板割れなどが多数ありました。以前、購入していたTS830のIF基板も同様に基板割れが発生したりで、どうも基板製造の温度プロファイルがいい加減なのかな?と思っていまう事ばかりで、それ以来メーカ製の機械は購入しなくなりました。自然かもしれません。

ただ、唯一この時期のメーカ製のリグのIC-740だけ真面に動くリグでしたので、それを使って50MHzのみ運用していた頃でしたが、結構重宝して使っていました。

丁度、50MHzに関心があり、自作のPSNトランシーバーを作り始めたりして、その後は全て自作機械になってしまいました。性能はメーカーせには及びませんが、好きな思想を入れた設計が出来るので、楽しみながら製作できるので、必然的にOn-Airする機会が減ってきた感はあります。