ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Tuesday, September 28 2021 @ 11:12 pm JST

大腸の手術を受けて来ました!

  • Tuesday, March 30 2021 @ 10:20 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 96

 年1度の成人病検診にて便に潜血有りとの検診結果を受けて、詳細な検査を受けて見ると、想像外の直腸S状部に悪性の腫瘍があるとの診断を受けて、今月の11日に腹腔鏡手術を受けて来ました。手術をするのは初めてでしたが、8日程度の短期間で退院する事ができました。ただ、入院前の検査などがあるので、食べ物を口から入れる事が長く出来なかった事で、結果として5Kg程度体重が軽くなってしまいました。

胃や腸などの手術を受けると口から食べ物を取る事が出来なく、手術後は”点滴”三昧期間が長くなり、その反動で”お粥を食べる事”が出来た時には非常に感激しました。その後は食べ物への要求を強く持っていましたが、そんなに早く手術前状態に戻す事は出来ません。その為か、体重があまり増える事が出来ない状態になっています。口から何か食べると必ず、お通じが有りますので、その当たりを考慮しての食べる量をコントロールする必要があり、予想以上に体力向上が出来ない感じがします。

それと、初めて手術であった事もありますが、身体にメスが入り不具合部を削除する事は予想以上に体へのダメージが強く感じられます。体に3ヶ所の穴を空けてた後傷も結構痛むし、咳をした時の痛みがあったりで、予想以上の痛みを持ちながら回復して行くしかない感じがしています。

それと、手術後からのリハビリ・スタートする時間が非常に速いには驚きました。術後1日以降からは動かされ、痛みを感じながらもリハビリを行いました。その事で早い退院が出来たのではないかと思っています。

又、仕事復帰するには体力回復が必要となりますが、昔のような状況に戻るにはかなりの時間が掛かるかと思いますが、当面の目標として体力を上げて行くことに頑張ろうと思っています。