ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Tuesday, March 09 2021 @ 04:08 am JST

Fusionにて基板製造依頼しました!!

  • Thursday, February 04 2021 @ 08:05 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 38

コロナ禍でも基板製造依頼はやっぱり、中国(China)の会社で、国内業者の価格差に驚き!!個人の趣味程度はベスト・ソリューションでしょうか!?

  EDAの発展と共に個人でFree-CADを使ったプリント基板を簡単に作れる時代になってしまいました。趣味レベルの電子工作でも、十分に使えるPCBが低価格で手にはいります。1枚当たり250円(100x100mm)程度で綺麗な基板が手に入るのには驚きです。

 当然、従来から自宅でやっていた個人エッチング作業はやれなくなりました。更に実装までお願いできますので、自分の手を汚さず実装済の試作機を入手出来すぐ使えるメリットがあります。ただ、気になるのは秘密漏洩などですが趣味程度の電子回路では新規性はあまりありません。一応、NDAも締結できますので神経質な方はNDA締結を進めます。上記写真は実験基板が面倒くさいので100mm□サイズで10枚Fusionにお願いした基板ですが、品質に問題ありませんでした。梱包は写真の様にしてあり、基板だけですのであまり心配しないでも良さそうです。

100x100mmに限定してみると輸送費いれても2.5K程度で済むし、出来上がりも非常に綺麗なものになるし、今後はこのスタイルが標準になってしまいそうです。国内の基板メーカに頼めなくなります。。。