ようこそ! 瀕死白頭爺-漫書 Thursday, May 26 2022 @ 01:25 am JST

マイコン

Welcome to the JA6LZG Blog

  このBlogはアマチュア無線と身近な話題およびリンク集に なっています。 1994年にMAC(68K)にオープン・ソースOSであるNetBSDを載せたHTML-Serverを自宅に立ち上げ、それ以降はIBM-560,etcなどのに色々なPC- UNIXのOSを使って細々と発信しています。2005年より自作ボード( Arm9:Embedded:組み込みLinux ) の防災&セキュリティ管理システムを開発して以来、低電力モードのECOスタイルHTML-Serverとしての運用実験を行っています。早いもので今年で28年目になりましたが近年は色々と興味を持つ分野が多くこのBlogに時間を使うだけの余裕が少なくなっています。ボチボチと時間を作りながら進めて行こうと思います。

Linux上でのSwift開発環境整備

  • Thursday, December 30 2021 @ 10:23 am JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 63
マイコン 1000円PCにXubuntu-OS、SwiftをInstall

ネットにて1000円PC(Eee-1000HA)発見、早速購入して目的である携帯電話iphoneアプリケーション開発環境作りを行ってみました。

Ubuntu用のSwiftをDownloadして早速、Installしました。普段はMacで利用していますが、この古いPCでも何とか使えるようです。ただ、Swiftバージョン(5.5.2はO.K)との相性があり、数度となくDownloadしたりしてしまいました。32Bitであるために色々と苦労しますがそれなりに使えるのがLinuxの良さかもしれません。

最近は32Bit-OSが少なくなっているので、選択できるOSが少なくなりました。32bitでシングル・コア、更に動作周波数も低いPCも無くなり、今更に使う人はおりません。ただ、勿体ない性格人なので仕方ありません。それから、Eee-PCもHDD➡SSDに変更予想以上に快適に使えます。枯れたSSDに乗っけてみるとまだまだ、開発環境PCとして使えます。マイコン関係の開発PCに使い始めました。Arduino関係CordingもLinuxでやっています。



 

USB内臓のPIC18F14K50はコスパ高いの?

  • Friday, February 19 2021 @ 06:50 pm JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 348
マイコン

 普段から簡単なマイコン制御はPICなど低価格のものを利用しますが、USB内臓のものと言えばPIC18F2450、PIC18F2550及びPIC18F4550など決まってしまいます。そこで、こんかい初めて低価格でピン数が少ないPIC18F14K50を使ってみる事にしました。