JA6XKQ:武安氏とアイボール

 2/4日にJA6XKQ:武安さんと40年ぶりに会う事が出来ました。武安さんとは出身地が近い事もありますがEME関する興味が互いに持っていた事より情報交換できる尊敬できる友人です。

武安さんと言えばJAMSATにて長く活躍されている一人で衛星通信衛星Phase-3DでのSCOPE-Camera設計者でもあり近年はストレスト・ディッシュ、いわゆる傘ボラを製作する過程にての構造に疑問を持ち新たにGeodesic Parabola Antennaを提案されています。数学的な構想と美しさ、更に機能的特性を持った形は非常に魅力的な構造で造りたくなる気分が沸いてきました。天体観測好きな小生にとっては赤道儀の上にこのアンテナを付けて利用したくなって来ました。

色々とお喋りして、久しぶりに『エンジニア思考で挑戦する気分』を思い出させて貰い、貴重な時間を共有させて戴きました。誠にありがとうございました。

こんな老人でも何か新しいものへの挑戦をしたくなりました。

3-segmented Solid-surface Geodesic Parabola Antenna 

X-Band(8.4GHz) BackSide

カテゴリー: 未分類 | JA6XKQ:武安氏とアイボール はコメントを受け付けていません

TRX Duo-SDRを購入してみました!!

先般、TRX-Duo SDR(Red Pitaya clone)を購入してみました。ImageをDownLoadしてからSD-Cardに書き込みすれば、早速利用する事が可能になります。Installは至って簡単です。skinはThetisを利用しています。又、本体寸法の大きさですが、下機のPSN送信機の表示器に比べて小さいものになっています。小さいので市販トランシーバー内に収まりますのでリニア部だけ流用する事も可能となります。

Outputは2.5mW程度ですので、手動のリニアアンプ:KWT-6 のドライブするのには別途中間アンプが必要となります。小生の場合100mW程度まで持ち上げると500Wまでフルスイングできる勘定になります。

又、本製品を使うためには技適を取って第3送信機としてのAuthorizeする計画ですが、ちょいと時間が無いので今回のオートチューン・リニア:TRC-75(4CX350Ax3)改造を使っての1KW申請に間に合わないかもしれません。。少し遅らせればいい事なんですが。。。ちょいと考えよう!? 下図はPSN送信機内部で7bandのB.Pass-Filter

カテゴリー: アマチュア無線 | TRX Duo-SDRを購入してみました!! はコメントを受け付けていません

TRX-duo SDR-Board(¥37,347)魅力的

最近話題になっているTrx-duoRedpitaya sdrデュアル16ビットadczynq7010と互換性がありますと謳っています。近年、SDRボードはアプリケーションをInstallする事により幅広いアプリケーション(スペアナ/オシロスコープ/SG/Logic-Anaなど多種な測定器)としても利用可能となっており、広く利用できる魅力あるボードとなっています。購入する際に気になるのはADCのビット数ですが現実的に使えるビットは遜色ありません。あえて言うならばダイナミックレンジが高いメリット位で、あまり気にしなくても結構使えます。個人的な意見ですが。。

この種のボードはアプリケーションをInstallするさえすれば目的のFunctionを動作させる事ができるのが魅力です。構築するための力量はかなり低くて済みますので、敷居の低いボードと言えます。ただ、最低でもPC関連(Win/Linux)に精通している事は必要です。

カテゴリー: アマチュア無線 | TRX-duo SDR-Board(¥37,347)魅力的 はコメントを受け付けていません

2023年 新年おめでとうございます

 今年は自宅から初日の出が良く観られました。若干、雲がありましたが、良い天気に恵まれた正月でした。いつもながら、自宅の寝室から初日の出が観れるのは嬉しい限りです。佐賀関付近からゆっくりと上がる太陽を見られるのはこの植えない喜びで年のスタートおよび毎日のスタートとなるライフサイクルの大きな一部となっています。

今年のアマチュア無線の目標計画としては以下のものです。

  • 1.1KW落成検査に合格させる(6cl6x2→4cx350Ax3:1KW) 軍用リニア:Trac-75改造
  • 2.自作ダイレクトPSN方式での1KW送信機(TX-Saturn)運用
  • 3.PSN方式によるダイレクト受信機(RX-Saturn)完成

ウエーブ・シティ別府店・閉店

 昨年の12/26日に別府市にあるハムショップ『ウエーブ・シティ別府店』に久しぶりに行ったら本日が最終日で閉店する旨を松浦さんから言われて仰天してしまった。小生はあまり無線機を買う人間ではありませんでしたが、アンテナ上げるためのパーツや同軸等など工事する材料はほとんどお店に行けば簡単に購入できる希少なお店でした。

近年、無線する人口が少なくなった現代において27年の間、別府市においてお店を続けられた事は非常に大変な事だったと事と思います。本当にありがとうございました。

カテゴリー: アマチュア無線 | 2023年 新年おめでとうございます はコメントを受け付けていません

TS-870修理

 Kenwood社のTS-870故障品の修理を行っていますが、スルーホールの補修や基板半田の補修を行った後にDSP基板の半田付けが甚だ汚い(左写真)ので、ICを全部外してRe-soldering(Reflow)してみましたた。更にReflow後のクリーニングは綺麗にすることで信頼性も上がります。

今回もTS-870の修理を依頼されていますが部品の破損などの故障以外に基板のスルーホール不良などが多く観られました。コンデンサー不良による液漏れによる基板汚染による剥がれなど色々と問題が多くなりますが、部品入手出来ないなどの問題で類似品を使っての交換などの対応などを実施します。又、デバイス特性がコンパチではなくても動作的に支障しない程度のデバイスがあれば積極的に流用するようにしています。新規部品を使っての対応で改造する場合がありますが、デバイス仕様に合わせて回路変更する事で回避する事が多くありますが、オリジナリティは無くなりますが、動作させる事を優先しての対応は古くなった製品においては必要不可欠だと思います。

まだ、TS950SDXの故障品がまだ付かず状態でありますが、今年中には修理出来ないようです。このTS950SDXは基板割れが視られます。以前の際でも基板割れがあったので今回も注意してみる必要があります。いつもながら思うのですが基板製造時の温度プロファイルが間違っているのではないかと思ってしまいます。高価なトランシーバーなのにこんな基板を使うの?信頼性も無くなるのは当然だと思ってしまいます。

 小生はアマチュア無線機の修理屋じゃないので、時間を掛けて好きなような作業をすすめる事が出来ますし、特性試験にすべて合わせる事もしませんので、楽に修理しています。通常のQSOが出来るれば満足するレベルなので修理品質の保証は自己責任で行っています。

カテゴリー: アマチュア無線 | TS-870修理 はコメントを受け付けていません

12/24日も積雪です!!

本日も窓を開けるとすっかり雪化粧していますが、昨日よりか積雪量はありそうです。今朝は眼下を通る高速道路も通行止めになっており、静かな朝となっています。大分道は雪のために全線通行止めとなっており、九州交通の弱さが出ています。

今回の寒波は近年最高の寒気団のようで、連続しての積雪はあまり経験がありません。山にある2nd-Shackのメンテナンスへ行くことができません。年越しするので道路の掃除など色々やる事が多いのですが、この積雪ではShackまでは行けないようです。

先般に7MHz用のInverted-Veeアンテナをあげていますが、この高さでも国内交信は可能となりました。高さは15m程度しかありませんが、両サイドを上げていると、かなりノイズが少ない感じがします。7MHz用のフルサイズ・ダイポール(アルミパイプ)があるので、これを流用するともっと改善しそうです。天気が良ければダイポールを上げてもいいかもしれません。この時に1.8MHzをInverted-Lに変更するのも有りかと思っていいます。やはり、関西より遠いエリアの受信レベルがかなり低いので国内対策としてはベスト・ソリューションかと思います。DXするには出力電力が不足しており、更に聞こえないので全く海外局との交信は諦めざるをえません。FT8だと多少なり交信可能でしょうが、どうもCWでの交信が楽しいでのちょいと積極的になれません。ハードウェア的には昔から利用可能になってはいますが、CWを使っての交信に魅力を感じてしまいます。

カテゴリー: アマチュア無線 | 12/24日も積雪です!! はコメントを受け付けていません

12/23日も積雪

 12/23日の朝も積雪となりましたが、今季最も積雪量があるようです。眼下を通る高速道路の積雪を取るために封鎖?しているのか黄色い車沢山往来しています。別府や高崎山も綿雲がどんと居座るような風景となっています。

小生の住んでいる地域は山なので、どこに行くにも斜面となっているために、積雪時の道路事情は最悪となってしまいますが、近年は周りの木の伐採が進み、日陰が少なくたっているためか?雪解けが早くなっている点は改善されてきました。ただ、そのために昔のような木の温もりが急激に減ってきいるのが残念です。この自然環境が良くてここに家を建てたのだが、自然がだんだんと減ってきているのは寂しいかぎりです。

カテゴリー: アマチュア無線 | 12/23日も積雪 はコメントを受け付けていません

JA4HSNと交信

 昨日、数年ぶりに7MHzにてJA4HSN:平田さんと交信する事が出来た。いつもながら、強力な信号で来るのだが、そのアンテナシステムを聴くと頷ける。JA4GIIさんのHome-Page中にリンクとしてシャック写真が記載されている旨を平田さんから伺ったので早速、観てみると驚かされる。

タワーは送電線用のものを流用していて高さが40mあるのにあまり高く感じさせない感覚に陥る。更に7MHzの3エレでもかなり小さく感じるのもタワーが大きいので感じさせないためだろう!!

平田さんとの交信は、ほどんどが3.5MHzなのだが小生が現3.5MHzのアンテナを持っていないために7MHzでの交信となったものでした。夕方に近づいたので1.8MHzのコンディションも上がり交信可能となっているかもしれないとQSYして1.860MHzにて交信できないかとトライしてみたところ、59+での交信が出来た、初めての交信となった。

やはり、広大な敷地と大きなタワーがあれば無線運用の広がりが期待できるので一度でもいいので素敵なアンテナを使ってのアドバンテージ的な受信体験をしたいもんだと思っていましました。それにしても羨ましい環境ですね。。

カテゴリー: アマチュア無線 | JA4HSNと交信 はコメントを受け付けていません

アナログPSN送信機:

 今年になってアナログ式のPSN送信機:TX-Saturn(JA4GII:光岡さん設計)のジャンク品を入手し何とか動作させる事が出来ました。この送信機は基本設計が高く、使えば使うほどに素晴らしくダイナミックレンジの高い送信機である事を痛感させる送信機です。

このPSN送信機開発は広島市在住のJA4GII光岡さんが設計され、主にAssociate-membersのみ部品供給を受けて各々で製作する方法を取り、組み上げたものになりますが、偶然にも入手する事が出来たものです。当然ながら、本製品は測定器(スペアナ/オシロ)を使える方である程度の電子工作知識がないと製作できないものとなっており、敷居が高い工作技術を持つ必要があります。

 入手時は電源関係の問題があり、更に改造されていた部分をDefault化するのに時間が掛かったりで時間は掛かりましたがなんとか動作復帰させる事が出来ました。以前からPSN送信機は製作していましたが、簡単なPSN専用ICを使ったものだったりで、本格的なものとは程遠いものばかりでした。今回の待望のPSN送信機を入手した事によって本格的な1KW送信機が完成可能となりました。

この構想は以前から持っていて、その布石として数年前に入手していた軍用KWT-6改を使っての1KWattの2Stageリニア・アンプで出力可能となりました。このシステムは 0.15Wattsでフルパワー出力出来るシステムとなります。

PSN第1送信機:Saturnを使って1KW出力システムの現実味となってきました。6CL6x2→4CX350Ax3(Collins TRC-75小生が改造)

PSN第2送信機:Plutoを使って1KW出力システムの現実味となってきました。6CL6x2→4CX1500B(自作)

 それから、現在進行中のPSN受信機(RX-Staurn基板を基板屋に発注済)を製作中ですので、これを早く完成させて送受信機ともDirect-Conversionスタイルにする事が来年の目標にないそうです。

カテゴリー: アマチュア無線 | アナログPSN送信機: はコメントを受け付けていません

12/19日も積雪になりました

朝起きるとやはり昨日と同様に12/19日も積雪となりましたが、鶴見岳(1375m)もすっかり雪化粧となりました。

寒くなったのでアンテナ工事は一時休憩としていますが、一応7MHzだけでも出れるようにInverted-Veeアンテナを15m高さに追加しました。積雪する前に日にやっと調整を終えて7.1MHzで最小のSWRに持って行けましたが、3度ほどマストに上がり下がりしたので、筋肉痛となってしまいました。近年になって高い所に登る気分が即行動につながらなくなっていました。以前だったらすぐに行動に移っていましたが、近年ではちょいと用心して時間も掛るようになって来ました。

カテゴリー: アマチュア無線 | 12/19日も積雪になりました はコメントを受け付けていません